心理学

【心理学】嘘をしぐさや表情、スマホから見抜くテクニック

更新日:

こんにちは、みくとです。

何か隠し事していないか、
どうしても不安になってしまうときもあると思います。


こんな言動がでたら要注意ということを
心理学を使って、お話します。

嘘というのは、
誠実性や信頼性を一気になくすものです。


逆をいえば、嘘をつかない人は信頼できます。

そんな信頼における人を見抜くためにも、
嘘の見破り方は必要です。

見破る前の注意事項

嘘をついたときにでるしぐさはあります。

しかし、
そのしぐさ自体がその人の癖の場合もあります。

ここで大切なことは、

普段、相手がやらないしぐさに注目することです。

ここが嘘を見破る上で、
まず意識する大切なことです。

この、普段、相手が行わないしぐさ
且つ、嘘をついたときにでるしぐさをみましょう。

これが前提です。

【心理学】表情から嘘を見抜く

【嘘の表情を見抜く①】表情がワンテンポ遅れる。

嘘をついているとき、
意識的に表情を作るためワンテンポ遅れて反応します。

笑うでも悲しいでも楽しいでも、
ほんのわずかの間をみましょう。

表情が作れても、
目がほとんど変わっていないときも嘘の表情です。

【嘘の表情を見抜く②】表情が左右非対称になる、

無意識にでる表情は左右対称であり、
作った表情は左右非対称になります。

なので偽の表情の可能性が高いです。

例、笑顔の場合

本当の笑顔→口角均等に上がる  目の横にしわができる。
嘘の笑顔→片方の口角上がる 目の横にしわできない。

嘘を見抜くには、観察力が必要ですね。

【嘘の表情を見抜く③】目が泳いでいるときの心理

目が泳いでいると嘘をついているといいますよね、

これは正しくは、
目が動いているとき(泳いでいるとき)は
何かを考えているときです。


使い方としては、

そんなに考える必要のないことに、
終始、目が泳いでいるときは

嘘をついている可能性が高くなります。
(今の質問ではなく、次の言い訳を考えているから)

【心理学】緊張から嘘を見破る

緊張している=嘘をついているにはなりません。

何かの本番の前なども緊張します。


何が言いたいかというと、

緊張する場面でもないのに
緊張しているということが問題なのです。



慣れ親しんだ仲なのに、
緊張するというのはおかしいことですよね。

なので、緊張を読み取ることで嘘
(隠し事していないか、何か不安材料がある)を勘繰ることができます。


簡単に緊張したときにでるしぐさをお話します。

  • まばたきが増える
  • 頻繁に手を動かす
  • 唇をぎゅっと閉じる
  • 顔に良く触れるようになる。
  • 口を手でおおう(何かへんなこといわないようにという心理)
  • 呼吸、鼓動が早くなる。

こんなしぐさがでてきたら、
緊張しているとみていいでしょう。

【心理学】スマホで嘘を見破るテクニック

人間というのは基本マルチタスクはできません。

本を読みながら会話、問題を解きながら会話など、

別の事を考えながら会話ができないのです。
(※相当慣れていることは別)

相手がスマホで何かを読んでいるとき、
メールを作成しているときに、
気になることを聞いてみてください。

ポイントは、スマホを見続けるか、見るのをやめるかです。

見続けた場合、
マルチタスクはできないのに、
自然さを演出するために読んでいるふりを
している可能性が高いです。

(携帯を見ているが手が動いていない)

つまり、

やましいことがあるということです。


もう一つ、スマホを使い、
心理を読み取ることができるしぐさがあります。

それは、スマホの角度です。


相手がリラックスしているときのスマホの角度と
自分近くにいるときのスマホの角度をみて見てください。

角度が急に(縦に)なっているとき、

何か見られたくないものがスマホにある可能性が高いです。

今日のまとめ

嘘の表情を見抜く

①ワンテンポ遅れて表情にでる。
②表情が左右非対称になる
③目が泳いでいるときは、何かを考えている。


慣れ親しんだ仲なのに緊張するということは、
何か隠し事がある可能性が高い。

緊張の見抜き方

  • まばたきが増える
  • 頻繁に手を動かす
  • 唇をぎゅっと閉じる
  • 顔に良く触れるようになる。
  • 口を手でおおう(何かへんなこといわないようにという心理)
  • 呼吸、鼓動が早くなる。

スマホから嘘を見破る

・スマホをしながら(スマホの中でも考える作業のとき)に会話はできない。
・スマホをし続けるかを見る。→自然さを演出してる可能性あり→隠し事。
スマホの角度に注目、 
縦になっていたら、隠し事の可能性あり。

さいごに、

嘘を普段からつく人がいます。

そういう人達は、
このしぐさをださずに嘘をつくときもあります。


日頃の行い等をみて誠実性に欠ける人は
嘘をつく可能性の高い人です。

情報社会の今、
何が真実で、何が嘘なのか見極める能力も必要です。

気になったら自分で調べる、
裏どりをしていくことが大切です。

以上、ミクトでした。

参考文献、おすすめの本

【かなりおすすめの本】

-心理学
-,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.