仕事術

年間600冊以上の読書家が教える速読術の方法

更新日:

こんにちは、みくとです。

私は本を全く読まない人でした。

しかし、速読を一週間でできるようになりました。

今では月50冊、年間600冊を読む読書家です。

速読は誰でもできます。 
本を読むただの一つの手段(方法)です。

去年の読書量2018年4月~12月

+図書館で借りた本(約これの倍)

速読は人それぞれやり方が違います。

今回はみくと流の速読術をお話します。

前提があるので、下記を読んでから、速読術をみて見てください

みくと流、速読術の前提

あなたが本を読む目的はなんですか?

私の場合は、
知識を得るのが楽しい、自己成長のためです。

そのために『本』という情報ツールを選びました。

前提①本を読む目的を持つ


速読はあくまで、読み方の一つで、ただの読む手段です。

私は本によっては熟読もします。

ここで言いたいことは、

みくと流の速読の場合
速読できる本とできない本があります。

みくと流の速読は【ビジネス書、実用書】です。

小説、理解がしっかり必要な本は速読できません。

前提②ビジネス書、実用書のみの速読

この前提の元、これから説明していきます。

本の構造

速読するには、本の構造を知る必要があります。

これは非常に簡単です。

本は、
見出し、序論、見出しの答え、理由、具体例、補足、類似関連事
によって構成されています。


速読で読み取るのは、見出しの答えと理由(具体例)です。

本で自分に必要な情報は7~11%といわれています。

みくと流の速読は
この7~11%を素早く見つけるという作業です。

みくと流、速読術の方法

本を読む前に、この本から何を読み取るか目的を決める。

前提でお話した通り、自分の必要な情報を抜き取る(探す)作業です。

つまり、

何を抜き取るかあらかじめ目的があると
バイアスがかかり、目に入りやすくなります。

簡単にでいいので、何を目的に本を読むかきめましょう。

睡眠の本ならば、
『睡眠の仕方、朝すっきり、寝つきが知りたい』などで大丈夫です。
一回思うことが大切です・

1行1秒以内に目を通す

読み方は1行1秒で目を通します。

感覚でいうと、居酒屋のメニューなど、心の中で音読しませんよね、

心の中で音読しないで、見て理解することを意識してください。


最初はよくわからない状態になると思います。

見出し、見出しの答えはどこだと探してみましょう。

気になることや、新たな知識、行動できることを
見つけたら付箋をはる。

ここだと思うところがあったら、どんどん付箋をはっていきましょう。

重要度で色を変えると、後で見たとき、
最初のインパクトがわかります。

読み終わったら、その付箋のページを普通に読み、まとめてノートに移す

本を読み終わったら、その付箋を付けた個所をもう一度、
読み直しながらノートに移していきます。

人の記憶とは、覚えたとしても20分に42%忘れます。(エビングハウス)

何回も繰り返しアウトプットすることが大切です。

重要な箇所を軽くまとめノートにかきましょう。

読書ノート

約10か月で書いたノートの量

アウトプットする

そしてアウトプットです。
ここが一番大事といってもいいほどです。

いくら知識を持っていても使わなかったら意味がありません。

私の場合のアウトプットは、
ノートに書く、ツイートする、
ノートをまとめる、ブログに書く、人に話す。です。

Twitter  読了ツイート用 こちら
(ここで本の読了ツイートをしています。)

自分なりのアウトプット方法をさがししていきましょう。

速読ができているかの確認方法

正直、ノートに移したところ以外は、
ほとんど全体の流れしか理解していません。

不安になると思います。

安心させるための確認方法として、
もう一度普通に(心の中で音読して)よんでみましょう。


重要なところに付箋をつけつつ、

速読のときと普通に読んだときの情報量の差をみます。

普通に読んだ時の方が断然い多いのならば、
次は速読の速度を少し落として読み込みます。


この作業の繰り返しで
自分のスピードをコントロールしましょう。

今日のまとめ。

みくと流速読
前提

①速読する目的を持つ
②ビジネス書、実用書限定、 
※速読はあくまで読む手段

みくと流、速読術

  • 本を読む目的を簡単に心で思う。
  • 1行1秒で見て理解していく
  • 気になる箇所、新たな知識、行動できるもの、に付箋をつける。
  • 付箋をつけたページを読み込み、まとめてノートに移す、
  • 自分なりのアウトプットをする

インプットできているか、
普通に読んだときと速読のときの情報の差を確認する

さいごに、

速読の仕方は人それぞれです。

たくさんの人のいいとこどりをしていって、
自分のスタイルを作りましょう。

私は本と出会い色々なことを学びました。

正直、人間関係も良好になり、幸せが増えました。

知識は武器です。
知識を得るのが使うのが楽しいと思えたら、
本を読むということが好きなこと、趣味に変わります。

以上、みくとでした。

おすすめの速読の本

-仕事術
-, ,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.