心理学

【心理学】転職面接で使える心理学を考えてみた~社会人、就活生必見!~

更新日:

こんにちは、みくとです。

あなたの道が決まるかどうかが決まる面接って緊張しますよね。
筆記や書類選考が通るが面接がどうも苦手という人もいると思います。

今回は、心理学を使った中途でも(転職)
新卒でも使える面接テクニックをお伝えいたします。

この心理学のテクニックを使うか使わないかでは歴然とした差が生まれます。

今回の心理学を使い、就活面接に是非役立ててください。

【心理学】就活面接で使える心理学8選

①第一印象で面接官をつかむ ~初頭効果~

人間を第一印象で無意識に人を判断しています。

つまり、
この第一印象を良くする良くしないでは
あなたの人間関係に大きな影響を及ぼしています。

この第一印象は就活、
転職面接の際も強く見られるポイントです。

以前、私のいた会社の人事でも、
出会ってすぐの印象が良かったらだいたい面接は通ると言っていました

この第一印象を心理学的にいうと
その人と接触回避するかどうかは7秒、
その人の印象は2分直観的にで決まります。

そして、最初の印象が2か月間も続きます。  
※諸説あり

つまり、先ほどお話した通り
大部分の印象(相手からのあなたの性格や、印象)は
面接のはじめて2分できまってしまうのです。

7秒で判断できることは、
笑顔、挨拶、しぐさ、見た目です。
2分では、
しゃべり方、会話内容、行動

をまずは見られて恥ずかしくない状態にしましょう。
詳しくはこちらをどうぞ、
【恋愛心理学】第一印象で直観的に恋愛対象に入る方法 ~実は笑顔と顔の一部○○も見られている?~| みくと心理学【恋愛】 (mikuto-blog.com)

※こちらの記事の終わりにもはっておきますので、 
記事を見終わったらどうぞご覧くださいませ。

見られているところの心理学~メラビアンの法則~

先ほどのファーストインプレッションですが、
実証的なデータや心理学もあります。

それがメラビアンの法則という人間心理学です。

人の行動が他の人にどのように
影響を及ぼすかを判断するというアルバート・メラビアンが行った実験です。

結果からお話しすると下記内容になりました。

視覚55% 見た目・表情・しぐさ・視線
聴覚38% 声の質・速さ・大きさ・口調
言語7% 話の内容、言葉そのものの意味

※コミュニケーション全般においてこの法則が適用されると言うような解釈ではない

つまり、
見た目(清潔感、姿勢)や表情(笑顔)しかり、
声のハキハキさ質というのは初対面において重視するポイントといえます。

②特出した能力で面接官をうならせる~ハロー効果~

ハロー効果とは自分の特出した能力によって、
自分をより評価される効果や他の欠点に目がいなかなくなる
という効果
がある心理学です。

例でいうと、
東大生と聞くと、頭がいい、真面目、努力家(天才)
将来安定しそう、等のイメージが沸きます。

ただ、東大生だからといって真面目ではない人はいます。

このように人より特出した能力(実績)により自分がより評価されるのです。

つまり、何がいいたいかといえば、
就活面接の際はあなたの一番特出している能力を
初めにしっかり伝えることが大切ということです。

あなたの特出した能力はなんですか?

なかなか見つからない人は、もっと簡単に考えましょう。

  • あなたが長く続けていることはなんですか?
  • 何かで一位になった経験は?
  • 好きで好きでたまらないものは?(仕事に生かせる場合のみ)
  • 何かを一から作った経験は?

このように自分の経験の中で母数が少ないものをさがしていきましょう。

③自分には社会的価値があると証明する~希少性の原理~

あなたも期間限定品、数量限定、ポイント何倍
あなただけ特別と聞くと欲しくなると思います。

この原理は希少性の原理といいます。

人はそのものが希少なものであるほど欲しくなるという心理学です。

先ほどのハロー効果ともすこしかぶりますが、
あなたの希少性はなんですか?

例えばあなたは
日本人で英語を話せます。
ここまでだとそれなりに母数としてはいると思います。

そこに韓国語も話せるという希少性をプラスすることで、
あなたのが希少価値が一気に上がるのです。

つまり、言いたいことは
この希少性を高めるにはあなたの特出した能力のかけ合わせが必要です。

あなたが志望する会社に合わせ自分の実績や経験を掛け合わせていきましょう。
※業界経験3年なども大きな経験です。

それが大きな価値になります。
転職、就活面接の際にしっかりと伝えましょう。

自分に自信を持ちアピールしていきましょう。

④面接官に気に入られる!~承認欲求~

承認欲求とは、他人から認められたい、
自分が価値のある人間であること感じたいといった人間の基本欲求です。

この欲求は非常に簡単に満たすことができます。

それは相手の名前を呼ぶことです。

あなたも自分の名前を呼ばれるとなんか嬉しくないでしょうか。

名前とはあなただけを表す言葉であり、
あなたにとって最も響きの良い言葉なのです

つまり、
面接官の名前をしっかり覚えて置き、
質疑応答の時間のとき名前も伝えましょう。

面接の雰囲気で個人的な質問ができそうなときはしていきましょう。

※個人的な質問のとき人によっては
 なぜそういうことを聞くのかという人も中にはいます。
 そんなときは役職のある地位の高い人の話がお聞きしたくて・・・
 とお話しすると感触は良くなります。
 (案外、地位の高い人は褒められていないことが多いです。)
 (新卒のときのみ)

⑤さらに面接官と仲良くなる!~ピーク・エンド法~

ピーク・エンドとは、最後の瞬間が記憶に残りやすいという人間心理学です。

終わりよければすべて良しといいますよね。

つまり、
面接でも同じように盛り上がったところ
などで終えるようにしましょう。

正直、難しいと思いましたよね。

しかし、面接の流れを掴めば
そこまでは難しくはありません。

どんな面接でも、
最後は質疑応答の時間になることが多いと思います。

そこで盛り上がるチャンスはありますよね。

いいきれなかった自分のスキルや経験はもちろん、
質疑応答であなたの人柄も出していきましょう。

もちろん、面接官によりますが
『雑談』は仲良くなる(盛り上がる)ためには非常に良いことです。

新卒の場合、面接官に仕事での
達成感、逆に一番大変だったことを聞くのもよいかもしれませんね。

面接官が女性の場合、共感することに徹し
面接官が男性の場合、褒めることに徹しましょう。
※男性脳、女性脳の違いから

何回か面接をすると流れはつかめます。

最後にあなたもたくさん笑うようにし盛り上がって終わりましょう。

⑥知性がある話し方をする~アンチクライマックス法~

こちらは心理学ではありませんが、重要なことなのでお伝えします。

アンチクライマックス法とは、先に結論を伝える話し方になります。

面接では、自分の経験や意見を
どれだけ端的に伝えることができるかが重要です。

自己PRでも志望動機でもなんでも
あなたの一番伝えたいことを先にいいましょう。

例えば
①結論(私の強みは○○です。)※会社に合うような強み
→仕事内容が営業なのにインドアな強みをいっても意味がない
②理由(○○が強みの根拠を話すエピソード)
→根拠をしっかり持つ(実績や経験年数等)
(③事例(この強みで御社にできること))

質問の返答についても、端的に応えましょう。
話すぎないことはとても重要です

質問には面接官の意図があります。
それがわかればよいのですが瞬時にはわからないと思います。

なので、聞かれたことを端的に答えましょう。
気になる部分は追加で質問がきます。

これは就活面接の基本でもあるので、確実に押さえておきましょう。

⑦真のある人間をアピールする~一貫性の原理~

人は自身の言動に対して一貫したものとしたいという心理があります。

これはもちろん自分だけでなく、
他人の見え方にも影響します。

例えば、
①4回目の転職で仕事を辞めた理由が、
1つ目が環境が悪い、2つ目が給料が悪い、3つ目が人間関係、4つ目が勤務地が遠い

全く一貫性がなく、いい加減な理由(言い訳)に見えますよね。

4回転職しているとしても、
理由は一貫していれば誠実でいい印象を与えられます。

例えば
将来、自分は独立したいと思っている。
そのために1つ目~4つ目の業種(職種)経験が必要だったから転職している。

一貫性がとれていて、
①よりも②の人のほうが格段に誠実な人という印象を与えられます。

つまり、ここで言いたいことは、
あなたの転職、就活の理由に一貫性を持ちましょうということです。
※やめた理由での類似項目を探す。仕事選びのポイントを明確にする。

一貫性がとれていれば、
それがあなたの軸になり進むべき道も見えてきます。

⑧就活、転職面接で心掛けること

面接というとどうしても固い雰囲気のイメージがあります。

笑顔のある暖かい雰囲気のほうが印象もいいに決まっています。
(※もちろん業種などにもよるかもしれませんが、、)

あなたが心掛けることは、
笑顔でいる、相槌をしっかりする、相手の目を見るといった基本のことです。

当たり前ですが、かなり重要なことです。

笑いどころにはすこしオーバーめ大きく笑い、
相手の目をみてしっかり相槌を打ちましょう。

また、面接前にはイメージトレーニングもかなり有効的です。

聞かれるであろう質問の対策、自分の自己PRの話し方(話しているところを想像する)
入退出の動作の確認などを最低3回はしましょう。

自分の想定通りにいかにもっていけるかが
良い面接にもっていくためには必要です。

さいごに

今回、就活、転職面接で使える心理学をお話しました。

面接って緊張すると思います。

しっかり準備や面接経験を増やすことで緊張は緩和されていきます。

どんなこともどんどん経験することがあなたの成長に繋がります。
行動することを意識していきましょう。

以上、みくとでした。

【就活生必見】就活面接で使える心理学~面接官が見ているたった2つのこと!~ | みくと心理学【恋愛】 (mikuto-blog.com)

-心理学
-, ,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.