仕事術 営業力

あなたにもすぐに上手くなる、心を動かすスピーチの作り方【ストーリー】

更新日:

こんにちは、みくとです。

講演、講義、セミナー、プレゼン、
社会人になると、多くの人の前で話す機会が多くなります。

このスピーチで、
あなたの魅力、商品(サービス)の魅力は決まります。

そんなスピーチが上達すると、仕事も上手くいきます。

人の心を動かすには、感動、理由、損得、恐怖などが必要です。

誰でも簡単にすぐできることをお話しております。

是非使ってみてください。

スピーチの質を高める最初の行動

スピーチでは最初が非常に重要です。

そこで、聞き手の関心を得ないとその後も聞いてくれません。

聞き手が最も集中しているのは10~30秒ともいわれています。

この30秒の間に関心を得ないといけないのです。

ここが最初の壁ですね。

関心を得るためにはどうすればよいのでしょう?

簡単にその方法を書きます。

  • 笑いをとる
  • キャッチフレーズを言う
  • 斬新的なこと(意外性)を話す
  • 聞き手の不安ごとを言い当てる
  • 聞き手自身に関わることを話す

等々です。

自分のパターンを構築しましょう。

あなたはこのスピーチで何を伝えたいのか、

基本の基本ですが、
まず、あなたはこのスピーチで何を伝えたいのかを明確にします。

この伝えたいことが決めるときには、
「自分の役割」や「どの立場から」を考えます。

例えば、
「挨拶は大事ということを伝えたいとします。」

なぜ大事だとなのかはもちろんですが、

自分の若いころの経験があったから言えること【立場】
自分みたいに損をしてほしくない、【役割】

この【立場】【役割】を決めることで、ストーリーが作りやすく、
聞き手もイメージがしやすくなります。

そして、この決まった伝えたいことはスピーチの最初に話します。

そこで大事なのが【キャッチフレーズ】です。

キャッチフレーズ

このキャッチフレーズは、
このスピーチの答えであり、一番覚えてもらうことです。

キャッチフレーズと聞くと、センスが必要そうですが、

深く考える必要はありません。

あなたの伝えたいことを短くまとめるだけです。

キャッチフレーズのポイントは
・3語~12語リズムよく
・何をすべきか聞き手ににわかるように行動主体型に話す

ということです。

挨拶で言うならば

『挨拶をするだけで、あなたの人生が幸せになっていきます。』
(未来をイメージさせるようにする)

すべき行動+利益(幸せの増進、不安の解消等)を話します。

そして、スピーチの中で何回も話し、印象付けていきましょう。

ストーリーを作りスピーチをする

最初にお話したように、人の心を動かすのは感動です。

人間は理論よりも感情の方が行動を起こしやすくなります。

様々な型がありますが、1つの型をご紹介します。
(スピーチには様々な型があります。物語型、理論型、損得勘定、恐怖感情、今回は物語型の型です。)

  1. 聞き手の関心を得る
  2. 自己紹介、(信頼性を高める)
  3. 伝えたいこと+全体の流れを話す
  4. 伝えたいことの根拠(科学的根拠、権威、データ、実績)
  5. ストーリーで心を掴む(できないからできるまで)
  6. まとめ、つまり何がいいたいのか(キャッチフレーズ、最初にいった伝えたいこと)
  7. この話から、聞き手ができることを明示してあげる(考えさせる)

5番のストーリーで心を掴む方法を詳しくお話します。

ストーリ―で聞き手の関心を得る方法

①人間味を盛り込む

ポイントは、どこにもでもいるような人を主人公にします。

聞き手と同じ状況、
もしくは全く何もできない人を話に出します。

そうすることによって、
聞き手に親近感を与えることができ、関心を得ることができます。

さらに、
感情移入してもらうため、登場人物の名前を個人化します。

自分だったら自分、友達だったら友達の名前と個人化します。
これも親近感を与えるためです。

さらにポイントをいうと、
主人公と聞き手の間に共通点をはっきりさせます。

ここまですると、聞き手はかなり物語に入り込みます

②映像が浮かぶように話す

イメージできなければ感情移入もできません。

頭の中で映像化させるには、
細部まではっきりさせることが必要です。

主人公がどんな場所で、どんな状況で、
どんなことをしたのか、言われたのかを細かく伝えましょう。

さらに、細かくするならば、
比較や数値、時系列(当時の年齢)、具体的な言葉などを使って話しましょう。

話している自分自身でも
身振り手振り表現し、視覚化してイメージしやすくしましょう。

③主人公をどん底に落とす、

ストーリーには感情の波が必要です。

主人公の最大のミス、挫折、等を演出しましょう。

あなたの人生でもそうだと思います。
何か大きいターニングポイントでは、感情の大きな揺れがあったはずです。

どん底に落とした後に
ここで大切なことは、
想いであったり本質に気づき主人公を成功させるということです。

その成功を、最初のキャッチフレーズと重ねてください。

そうすることによって話もまとまり
あなたのキャッチフレーズにも信頼性ができます。

ここでも先ほどもお話したように、
映像化できるよう詳しく描写してください。

  • その選択に至る葛藤、
  • 誰かから貰った言葉、技術、価値観、
  • どうして、その本質に気づいたのか
  • その想いに至った経緯、

ポイントをお話します。

話のピークのとき、(ドン底に落ちてからの成功までの間)

・予想を大きく外すような瞬間を作る

・聞き手がどう解決したのか考えさせる

この2点を意識するとそのストーリーはわくわくさせるものになります。

スピーチで使える、ユーモア、

スピーチでユーモアを出すことは非常に大切です。

ユーモアがあることで、
聞き手の関心を引き続けることができます。

しかし、ユーモアってなかなか出すのが難しいですよね。

もっとユーモアをかみ砕いてお話します。

使えそうなものがあれば、取り入れてみてください。

  • 利き手の予想を裏切る
  • 気に知らないに人間についての性質の毒舌
  • 気に知らない人間の言動を真似をする
  • 硬い話題の中であえてくだらない話を交える
  • 本当にいいたいことをあえていわない、

ユーモアの根底にあるのは【驚き】です。

聞き手を驚かすような話作りを意識しましょう。

スピーチで使える、間

ここは話し方になりますが、
間を上手く使うことで、聞き手の注目を集めることができます。

間にもたくさん種類があるので、使い分けてみてください。

  • 確認を求める間
  • あなたの意見と自分の意見の一致を求める間
  • わくわくさせる、期待させる間
  • 余韻を与え、印象を強くする間
  • 整理させる、考えさせる間

話を区切り、相手と歩幅を一緒にすることで心地よさがでます。

聞き手が良くわかっていなそうな場合は、
その話の例えをもっと具体的、身近なものにするということも大切ですね。

今日のまとめ

スピーチは最初が肝心

最初の10秒~30秒で聞き手の関心を得る

  • 笑いをとる
  • キャッチフレーズを言う
  • 斬新的なこと(意外性)を話す
  • 聞き手の不安ごとを言い当てる  等々

一番伝えたいことからキャッチフレーズを考える

このキャッチフレーズは
このスピーチで一番伝えたいこと、
行動+利益(幸せの増進、不安の解消等)を意識して考えます。

未来をイメージさせる

話はストーリー化する。

①人間味を持たせる
・聞き手と同じ状況、もっと平凡な主人公にする
・名前を個人化し親近感を持たせる

②頭の中で映像化できるように細かく話す
・どんな状況で、どんなことをしたのか
・どんな会話だったか、時系列をしっかりする(年齢、)

③主人公をどん底に落とす
・感情の波を演出、(ミスや挫折を話す)
・どん底からどう成功までを話す
・成功までにどんなことがあったのか細かく話す
・成功とキャッチフレーズを重ねる。

ユーモアと間もしっかり使っていく。

さいごに、

あなたにもこんな経験があると思います。

偉業を達成した講師が来るらしい、どんないい話が聞けるのかな、

実際聞いてみたら、全然響かなかった。

これは、あなたと講師の間に溝があるからです。
専門的な用語が多かったり、予備知識がないとわからないことだったりするためです。

ここで言いたいことは、

聞き手のレベルに合わせ、話し方や使う言葉を変えてほしいということです。

極端な話ですが、
幼稚園児と大学生にする説明は違いますよね。

聞き手がそれを聞いて、
どう思うか想像力を働かせることも大切なことの1つです。

以上、みくとでした。

おすすめ関連記事

-仕事術, 営業力
-

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.