心理学

【心理学】仰向けで寝る人の心理とは?寝相の心理5選!夢の深層心理学4選!(夢占い)

更新日:

こんにちわ、みくとです。

あなたはどんな寝方をしますか?
仰向け、うつ伏せ、横向きで膝を抱え込んで 等沢山の寝相があります。

実は、この寝相や夢によって
あなたの性格や今の心情を読み解くことができます。

今回はそんな寝相や見る夢の心理学をお話していきます。
※あくまで傾向なので、当てはまらないこともあります。

【心理学】寝相の心理5選

①『仰向け』で寝る人の性格傾向

この寝方をする人は比較的多いと思います。

仰向けで寝る人は安定した人柄であり、自身の強めな人です。
どちらかといえばオープンであり柔軟な性格の持ち主です。

仰向け+大の字の寝相の人はオープンさがさらに高い人です。

オープンな性格なので、
比較的どんな人とも仲良くなれやすい性格の寝相です。

★仰向けのキーワード★
大雑把、楽観的、オープン、安定した心情、自信が強い

『うつ伏せ』で寝る人の性格傾向

この寝方をする人は神経質で几帳面な性格の人が多い傾向があります。

予期していないことが起こるのが嫌いで、
身の回りの出来事を自分が中心で処理していような性格の持ち主です。

自分のやり方があり、
好き嫌いがはっきりする傾向の寝相です。

相手のルールを把握し合わせることで仲良くなれます。

★うつ伏せのキーワード★
神経質、几帳面、他人に完璧主義、独占、不安症、計画性

③『横向きで膝をすこし曲げて』寝る人の性格傾向

このポジションは心臓が保護されている寝相です。
寝返りも打ちやすく安定したポジションだといえます。

この寝方の人は何事にもバランスがとれた安定した人です。
出来事について上手に処理し、ストレスも感じにく性格といえます。

たあたりもよくバランスがとれているので、
1つ踏み込んだ一歩の言動でで仲良くなることができます。

★ 横向きで膝をすこし曲げてのキーワード★
安定(バランスのとれた)、処理上手、ストレス感じにくい、 

④『横向きで膝を抱え込んで』寝る人の性格傾向

頭や内臓を隠すよう丸まった姿勢で寝る体制です。

この寝相の人は引っ込み思案で自分をさらけ出すことに抵抗のある人です。

しかし、仲良くなった人には依然し、
かまってちゃんの甘えん坊な性格傾向でもあります。

引っ込み思案ではあるが、
人に嫌われたくないという傾向もあるので
空気を読むのは得意な人が多いです。

このタイプは自分からいけない性格です。
話しかけてあげる、気にかけてあげることで仲良くなれる性格です。

★ 横向きで膝をすこし曲げてのキーワード★
甘えん坊、わがまま、不安、依存、引っ込み思案

⑤『正座し倒れこんで(スフィンクス)』寝る人の性格傾向

初めてこの寝方を知る人も多いと思います。

これは正座の体制から前に倒れこむ寝る体制の寝方です。

この寝相の人は眠りを拒否し
早く朝になってほしいと思っている人に多い傾向があります。

夜より昼が好きで、活発な人がおおい傾向にあります。

以上が寝相ので性格傾向でした。
※あくまで性格傾向なので、絶対当てはまるということはありません。

寝相一つで今の心情が知れるって面白いですよね。

夢の深層心理学4選

あなたはなんであんな夢みたんだろう
と思ったことはありませんか?

寝相に人間の心理が反映されるのと
同じよう、見る夢により心情を読み解くこともできます。

夢から自分の深層心理を読みいていきましょう。

そんな夢の心理学を今回はご紹介いたします。

夢の深層心理①『崖から落ちる夢』

これはあなたも見たことがある夢だと思います。

この夢はあなたの自信と相違しています。
つまり、自分の自信が落ちているときに見やすい夢なのです。

テストの点数が不安、失敗をしてしまった、余裕がなく失敗が怖い、
といったような心情のときに見られます。

この夢をみたときは
自分の自信をあげられるような言動を心掛けましょう。

夢の深層心理 ②『自分が喧嘩している夢』

これは自分はだれに怒っているのでしょうか。

普段怒ることのできない人に怒りどこがないので夢で怒るのです。
つまり、これは自分自身に怒っているのです。

自分が何か失敗をして反省しているとき
誰かに怒られてそれがまとを得ているときなどに見やすい夢になります。

自分の深層心理を知ることで、
気持ちも少し楽になますので、怒られた=自分は落ち込んでいる状態と理解しましょう。

夢の深層心理 ③『知らないところで迷子になる夢』

迷子になっているのは自分です。

これはそのまんまで自分の心が迷子になっています。

つまり、様々な不安要素が重なり、心の混乱している状態です。

やることが多い、やり残したことがある、
というときに見やすい夢になります。

夢の深層心理 ④『殺される夢』

これはよく見る人は見る夢だと思います。

夢で殺されているのは自分です。

自分が殺される
つまり、生まれ変わりたいという深層心理が働いています。

現状の自分に満足していなく、
強い欲求不満がある人に多く見られる夢になります。

以上、夢の深層心理でした。

今日のまとめ

【心理学】寝相の心理5選

『仰向け』で寝る人の性格傾向
オープンで楽観的で誰でも仲良くなりやすい性格

『うつ伏せ』で寝る人の性格傾向
神経質、几帳面で計画性のある人

③『横向きで膝をすこし曲げて』寝る人の性格傾向
バランスの良い、処理上手の人

④『横向きで膝を抱え込んで』寝る人の性格傾向
甘えん坊で引っ込み思案な人

⑤『正座し倒れこんで(スフィンクス)』寝る人の性格傾向
寝る時間があまり好きではなく、昼が待ち遠しい活発な人


【心理学】夢の深層心理学4選

①『崖から落ちる夢』
自分の自信が落ちている

②『自分が喧嘩している夢』
自分を叱っている

③『知らないところで迷子になる夢』
自分の心が混乱している状態

④『殺される夢』
今の自分から新しい自分に生まれ変わりたい

さいごに

今回、仰向けで寝る人の等の寝相の心理と夢の深層心理についてお話しました。

あなたは寝相や見たことのある夢の
深層心理はいかがでしたでしょうか。

寝相や夢にかかわらず、
人の心とは無意識に体や思考に反映されます。

このブログでは深層心理から恋愛心理学まで、
幅広くお話しています。

よろしければのぞいてみてください。

以上、みくとでした。

【科学(心理学)】寝つきを良くし、睡眠の質を良くする方法 | みくと心理学【恋愛】 (mikuto-blog.com)


-心理学
-, ,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.