恋愛心理学

【心理学】恋愛関係の3段階と付き合うまでの過程

更新日:

こんにちは、みくとです。

付き合う前、恋人関係、夫婦関係、
それぞれ大切なことはなんなのでしょうか、

SVR理論についてお話していきます。

そして,今回は付き合う前の段階について
何をしたらよいのかを心理学を使って詳しくお話します。

SVR理論

恋愛には段階があり、それぞれで重視されることが変わってきます。

第一段階 出会い、重視されることは刺激
第二段階 恋愛関係、重視されることは価値観
第三段階 夫婦関係、重視されることは役割

それぞれ重視されます。

高校生の場合、2,3か月で別れる人って多いですよね。

これは簡単な話で、
価値観がまだ不安定で形成されていないので、
どんな人が自分に合うか、まだ判断できないのです。

恋愛関係を長続きさせるには、
価値観の一致、役割を決め補い合うことが大切です。

そして、
画像からわかるように【刺激】も下がることがなく維持されています。

つまり、
パートナーに自己拡大をさせることは長続きさせる上でも大切です。

※自己拡大・・・自分の体験したことのないこと
初めて行く場所、初めての体験、つまり、刺激を与えることです。

付き合う過程(段階)重視される行動

先ほどもお話したように、
出会いの段階では、刺激が重視されます。

いわゆるキュンキュン行動が恋愛関係につながるのです。

できるだけ相手の感情を
【プラスの方向に揺れさせる】ことが大切なのです。

勝負は初めての出会い段階から始まっています。

出会いは劇的でドラマティックであるほど、
親しくなり恋愛感情を抱きます

運命的な出会いとは本当に恋に発展します。

あなたが行くカフェでも、本屋でも、
いつも乗る電車でも、いつも行く店でも、出会いはあり、
非日常な時の出会いでもあります。

いつ訪れるかはわかりませんが、逃さないでくださいね、

【心理学】刺激の作り方

出会い 外見的魅力 社会的評判 感情の不安定さ 
    接近性単純接触  性格の好ましさ

などの刺激から判断されます。

心理学的に感情を簡単に揺さぶるテクニックをお話していきます。

相手を褒める

あなたは雑談から相手に刺激を与えることができますか?

トークのうまい人なら
面白い、楽しいという感情は作り出せると思いますが、
恋愛のドキドキとなるとすこし違いますよね。

トークがうまくなくても、相手の心を揺さぶれます。

それは簡単なことで、

相手を褒めるということです。

人は誰もが、自分を認めてほしい、
自慢したい(男性に多い)、という欲求をもっているものです。

そして、
褒めるという行為は相手のみならず、自分も幸せにする行為です。

褒めるという行為は、
人間関係でも恋愛関係でも非常に大切なことです。

正しい褒め方を知るため、
褒めなれていない人のためにの記事を貼っておきます。
よろしかったら、どうぞ、

嬉しさ倍増??正しい褒め方、モテる褒め方#6



褒められない人へ、自然な褒め方、レパートリー#7

プレゼントを渡す

心を動かすには、人と違うことをする必要があります。

プレゼントを渡すことで、好意を見える形で伝えることできます。

そして、誕生日やイベントの日ではないときに渡すことで、
意外性も作り出せ、相手の感情を揺さぶることができます。

いきなり、プレゼントを渡すのは、ちょっと・・・

と思う方もいると思いますが、
人間は理由があれば納得する生き物です。

「多く買っちゃって」「○○さんこれ好きっていってたから」
などと伝えれば、すんなり受け取ってくれます。

※イベントの日以外でプレゼントするときは、値段を抑えましょう。

相手の感情をさらに揺さぶる方法

相手が自分を好きになるフロー(段階)として、下記のことが考えられます。

好意 見た目、行動 性格
選択 アプローチがくる
惹かれる ギャップや魅力にどんどん気付く
押し   行動 お誘い
駆け引き 相手のことばかりかんがえてしまう。
最終確認 自問自答(相手を好きと確信する)

付き合うまでで、駆け引きの段階で様々な葛藤をします。
ここがうまくできる人がモテる人ですね。

好きになる過程で大切なことは、
【相手に自分のことを考えてもらう】ことです。

相手の頭の中が自分でいっぱいに
することで、相手は自分を好きと確信するのです。


では、どうすれば、
相手は自分の事を考えてくれるのでしょうか。

先ほどは、プラスの方向で
感情を揺さぶることが大切ということをお話しました。

それと同じくらい大切なことがあります。

それは、不安と心配という感情です。

しかし、これは仲の良い人、
気になっている人にしか通用がしません。

つまり、
不安や心配のドキドキが気になる人の場合、恋愛のドキドキに変わるのです。

好きな人からラインが返ってこない、
気になって気になってしょうがないですよね。

相手のことばかり考えてしまいます。

それがこの効果なのです。

余談ですが、
付き合う前にしていることの統計で、

特に用のない連絡が恋の始まりといわれています。

特に用のない連絡がきたときは、
かなり仲良しか、気になっているとみていいでしょう。

今日のまとめ

SVR理論

恋愛関係には段階がある。

出会いの段階 刺激が重要
恋愛関係の段階 価値観の一致が重要
夫婦関係の段階 役割の相補性が重要

出会いの段階、付き合うまでの過程

刺激が重要であり、
【相手の感情を揺さぶる】行動をとる。
→相手を褒めたり、プレゼントをあげる

【相手に自分のことを考えてもらう】行動をとる。
→不安や心配させる。(※ある程度仲良くなってから)

さいごに、

このブログでは、
恋愛心理学について多くの記事を出しています。

今回は恋愛関係の段階でしたが、
相手を落とす心理学なども書いています。

よろしければ、どうぞ、

恋愛心理学まとめ

以上、みくとでした。

-恋愛心理学
-,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.