恋愛心理学

【恋愛心理学】男性女性が使えるギャップの心理学

更新日:

こんにちはみくとです。

あなたは異性のギャップにより、
その人を意識した経験はありませんか?

あなたも惚れるギャップを使いたいと思いませんか?

ポイントを抑えることで簡単にギャップは使えます。

今回はそんな方法を恋愛心理学を使ってお話します。

まずは恋愛の原理を説明します。

【心理学】恋愛の原理

人間が恋をするのには、原理があります。

それは、この2点です。

【相手が自分を考える時間が増える

あなたも好きな人のことはたくさん考えると思います。

逆に
好きな人ではなくても、多く考えると好きになります。

これは認知的不協和という人間心理学が作用されています。

認知的不協和を簡単にいうと
こんなに多く相手のことを考えているのだから
好きなのだろうと考え方と現象を合わせるという心理学です。

【感情が大きく揺れ動く】

感情が大きく揺れ動くことによって記憶に残ります。
記憶に残ることで、相手のことを考える時間が長くなります。

そして、相手のことを意識することになります。

他にも恋愛の細かい原理はありますが、大まかに言えばこの2つです。

この原理をもとにギャップについてお話していきます。

詳しく恋愛の原理を知りたいからはこちらへどうぞ、

恋の原理、~恋に落ちるとは~【恋愛心理学】

異性を落とすギャップの恋愛心理学

ギャップを使うにはポイントがあります。

例えば、
いつもしっかりしたイメージな人が
ポイすて(ギャップ)をしたらどう思いますか?

その人のイメージは180度変わり、常識のない人になりますよね。

このようにただギャップが
あるだけでは全く意味がありません。

大切なことはあなた自身にあったギャップを使うとのことです。

異性を落とすギャップの作り方をお話していきます。

ギャップを作る手順①
自分を知る

まずは自分を知ることが必要です。

あなたはどんな人ですか?
静かですか?明るいですか?勉強ができますか?運動は得意ですか?

『あなたの性格』『自分の要素』を書き出してみましょう。

『性格』『自分の要素』

  • 冷静、真面目、クール、
  • 勉強はそれなりにできる、
  • 運動が苦手

簡単に思いつくままに書きましょう。

ギャップを作る手順②
自分と真逆の性格等を書き出す。

次に、自分の性格とは真逆の性格を書き出します。

先ほどの例でいくと
例、『性格』『自分の要素』

・冷静、真面目、クール、→陽気、開放的、愛想がよい
・勉強はそれなりにできる、
→勉強ができない(美術ができない、音楽ができない)
・運動は苦手→バスケだけはできる

ここでポイントがあります。

真逆の要素を書き出すとき、プラスの印象のものを書き出しましょう。

例えば、
真面目→不真面目 ×
真面目→開放的 ○

このようにその要素単体でも印象の良いものを書きます。

ギャップを作る手順③
具体的な行動に落とし込む

ギャップを感じてもらうには、行動しなければいけません。
次に具体的な行動に落とし込んでいきます。

こちらも先ほどの例でお話しすると

例、『性格』『自分の要素』

①冷静、真面目、クール、→陽気、開放的、愛想がよい

『ギャップ』
いつも冷静でクールな男性が、
通りかかたワンちゃんに対して、満面の笑みで可愛がっていた。



②勉強はそれなりにできる、→勉強ができない(美術ができない、音楽ができない)

『ギャップ』
勉強はトップクラスなのに、絵が壊滅的に下手
※絵は下手でも、印象はマイナスにならないので使えます。

勉強ができないは×
(知性は例合いにおいて、異性に求めるスキルとして大切なため)



③運動は苦手→バスケだけはできる

『ギャップ』
いつも運動のできない自分がバスケをする姿をみせる。



どれもグッときませんか?

自分を知り、自分にあったギャップを使っていきましょう。

そうすることでにより、
【相手の感情を揺さぶり自分を感上げてもらう時間】が増えていきます。

事前にいくつもの場面に落とし込み、
自分をアピールできるようにすることでも大事ですね。

最後に

恋愛においてギャップは武器です。

友達から気になる人になるには、
相手の心を一度大きく揺さぶることが大事です。

そのきっかけはギャップで作ることができます。

感情を大きく揺さぶることを意識し、自分をアピールしてきましょう。

以上、みくとでした。

-恋愛心理学
-,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.