心理学

【褒め上手になる!】褒めるレパートリー50選 ~心理学~

更新日:

こんにちは、みくとです。

あなたは人をよく褒めますでしょうか。
逆に褒められていますでしょうか。

褒めるという行為は相手も自分も幸せにする行為です。

自分からどんどん好意を伝えることで(褒めることで)
あなたにも『好意の返報性の原理』により返ってきます。

※好意の返報性・・・人は好意を貰うと好意を返したくなるという人間心理学

今回は心理学を交えつつ
上手な褒め方、褒めるレパートリーについてお話します。

目次

褒めるレパートリー50選

内面から褒める

①『思いやりがあるね』

思いやりは重んじている人が多いです。

自分でも意識していることを褒めれられたら嬉しいですよね。

ちなみに女性にもてる性格1位は親切な男性です。

②『家庭的でいい奥さんになりそう』(旦那さんになりそう)

女性は家庭的さを求められ、意識していることになります。

また、心理学の観点では
家庭的な女性は男性のタイプになります。

③『いつも○○は先をみているね』

こちらの褒め方は自己拡大欲求を刺激します。

自己拡大欲求とは自分の知らない自分を
知れたことによる欲求解消になります。

つまり、新しいことを言われ、嬉しさが倍増するのです。

④『知的だね』

知性は努力しなければ付きません。
そんな努力したこと(自分の得意分野)を褒められると嬉しいものです。

また、知性がある男性であるほど、女性にもてます。

⑤『話が分かりやすい』

こちらも知性と関連しますが、
わかりやすく話人ほど、知性が高いがわかっています。

⑥『頭の回転が速い』

知性を表す具体的な言葉になります。

褒め言葉については具体的に伝えることで
真実味も増し、嬉しい気持ちになれます。

⑦『○○やっぱり天才!』

天才という言葉は誰もが憧れるワードになります。

そんなワードを言われると嬉しいですよね。

⑧『面倒見がいい』

普段言われないことばによる自己拡大欲求が刺激されます。

何かやってもらったときに相手を褒めましょう。

⑨『リーダーシップがある』

この褒め言葉は承認欲求を刺激します。
承認欲求・・・自分を認めてくれたという欲求

その他にも『決断力があるね』『物事の考え方が的確だね』

といったように様々な言葉で承認欲求を満たすことができます。

⑩『○○本当に尊敬する』『見習いたい!』

人から尊敬されることは誰もが嬉しいことです。

人のいいところを見つけ、
見習いたいといった姿勢をしっかり相手に伝えましょう。

⑪『人を惹きつけるね』

自己拡大欲求の刺激に繋がります。

人にない部分をみつけ、しっかり伝えましょう。

⑫『一緒にいると楽しい』

幸せとは自分や特定の誰かを喜ばせることです。

一緒にいることが楽しい=あなたといて幸せです
ということを伝えることができます。

⑬『○○面白いね』

こちらも楽しいと同様ですがあなたと
いると面白く、楽しい=幸せということが伝わります。

外見から褒める

⑭『かっこいい』『かわいい』

王道な褒め言葉ですが言われて嬉しい言葉になります。

どうしてもいいにくい部分はあると思いますが、
具体的に限定して使うといいやすくもなります。

例えば、
『○○くんの腕かっこいい』『○○ちゃんのこういうしぐさかわいいよね』

⑮『肌が綺麗だね』『髪が綺麗だね』

肌と髪に関しては(特に女性)
毎日努力を重ねて綺麗にしている部分になります。

そんなところを褒められると嬉しくなります。

⑯『若く見えるね』

見た目については若々しくいたいと思うものです。

年齢など若く言われたら嬉しいですとね。(特に女性)

⑰『さっそうとしてるね』

こちらの褒め言葉は『かっこいいね』とほとんど同じですが、
普段言われなれない言葉なので、嬉しく感じます。
※かっこいいと言われてる人の場合

王道の言葉を言い換え伝えることで嬉しさも上がることもあります。

⑱『たたずまいが堂々としてるね』

自己拡大欲求の刺激になります。

相手を観察し、普段言われないだろう言葉を伝えましょう。

⑲『清潔感がある』

清潔感は女性が求めるポイントとして
かなり上位に来る要素です。

男性についても清楚な人はプライオリティーが高いです。

言われたら嬉しい言葉になります。

⑳『いい時計してるね』

相手の持ち物を褒める行為になります。

ポイントとしては相手のこだわりを褒めるということです。

時計についてはそれなりの値段がするもので
こだわりを持っている人が多いので友好的になります。

㉑『いつもきれいだね』

この褒め言葉のポイントは『いつも○○』ということです。

いつもありがとう、いつもきれいだね、いつも面白いよね。

いつもをつけるだけで褒め言葉が強くなります。

㉒『○○似合うね』

この褒め言葉は使いやすいと思います。

相手の日々の変化を見抜き、褒めましょう。

㉓『スタイルがいいね』

スタイルが良いというのは
直接的で人によっては使いにくいと思います。

そんな場合は、『スラっとしているよね』等柔らかく言いましょう

㉔『笑顔が素敵だね』

笑顔は言葉が通じなくても分かり合える世界共通言語です。

そのくらい大切なものです。
そんな笑顔を褒められると嬉しくなります。

㉕『品がある』『華がある』

人間は自己肯定感を高めるために
自分の自信となる人と違う何かがほしいと思っています。

そんな自己肯定感を刺激する言葉になります。

㉖『筋肉がすごいね』『たくましい』

女性の髪や肌と同じで筋肉は
本当に努力して男性は筋肉をつけています。

努力を褒められることは嬉しいことです。

㉗『目がキラキラしている』

自己拡大欲求の刺激になります。

目や鼻、口など顔のパーツを
褒められることは腕や足などより嬉しく感じます。
※顔はコンプレックスに思っている人が多くいるため

㉘『おしゃれだね』

王道の褒め言葉ですが、
不意にいわれると嬉しくなりますよね。

相手の変化に注目ししっかり伝えいましょう。

状況から褒める

㉙『○○最高!』

先ほどもお話しましたが、
幸せとは自分や特定の誰かが喜ぶことです。

あなたがその場で楽しめば相手も嬉しい気持ちになれます。

㉚『○○というと時間立つのが早い』

時間がすぎるのが早い=楽しい時間という共通認識があります。

いかに自分はあなたと一緒にいて
楽しいかということを伝えるかが大切です。

㉛『なんか○○といると緊張する』

この言葉は男女間で言われると嬉しい言葉ですよね。

緊張しているということは
自分はあなたのことを気にしていますよ
ということを伝えることができます。

㉜『○○がいると落ち着く』

安心感、包容力については求めている人はが多いと思います。

普段言われなれていない言葉でもあり、
嬉しい言葉になります。

能力から褒める

㉝『文章が綺麗だね』

自己拡大欲求の刺激になります。

大人になると字を見られることが少なくなると思います。

言われなれていないことを伝えることが
嬉しさの倍増に繋がります。

㉞『料理上手だね』

手間や努力したことを褒められることは嬉しいことです。

料理のできる女性=女子力が高いという認識も
あるので、女性も意識している言葉になります。

㉟『歌うまいね』

音楽とは人を楽しい気持ちにさせます。

楽しい気持ちで歌い終えた後に
褒められることで、テンションがさらにあがります。

㊱『運転がうまいね』

運転をする人ならわかると思いますが、
運転がうまい人はかなり気を使っています。

そんな気遣いを褒められると嬉しい気持ちになります。

㊲『○○の話、説得力がある』

知性やほかの人とは違うということを伝えることができます。

つまり、
あなたを別格で見ていることが伝わります。

㊳『○○にまかせておけば大丈夫』

この言葉で自分はあなたを信頼している
ということを伝えることができます。

信頼される仲と思われていると嬉しくなりますよね。

㊴『一番光っていたよ』

心理学的にも男性脳では『一番』というワードに嬉しさを感じます

『○○くんは一番○○だった』
相手の一番を見つけ褒めましょう。

㊵『○○は特別だよ』

心理学的に女性脳では『特別』というワードに嬉しさを感じます。

『○○ちゃんは特別○○だね』
女性の特別を見つけ、褒めましょう。

㊶『一緒に仕事できてうれしい』

この言葉で信頼や尊敬を伝えることができます。

㊷『○○さんのおかげです』

この言葉で自分はあなたに
ついて行ってよかったということを伝えることができます。

こちらも尊敬や信頼を伝えることができます。

㊸『○○のプロだよね』

相手の特出している部分を見つけ、そこを褒めましょう。

特出している=努力している、こだわりがあるということです。

㊹『○○誠実だね』

誠実ということで人間として素敵ということが伝わります。

真の持っている素直な人には伝えてあげましょう。

㊺『行動力があるね』

行動力のほかにも
努力家だね、一生懸命だよね、
フットワーク軽いよね、礼儀正しいね、決断力がある等

たくさんの褒め言葉があります。

相手の要素をみて褒めていきましょう。

行動から褒める

㊻『美味しそうに食べるね』『飲みっぷりがいい』

食事とは3大欲求にもあり、人を幸せにします。

そんな食事中に褒められることで嬉しさも倍増します。

㊼『しぐさが可愛いね』

相手の言動に注目にし褒めましょう。

具体的に伝えることで下心も伝わらずに褒めることができます。

㊽『○○する人が好きなんだよね』

この褒め言葉使いやすいと思います。
相手の趣味や要素に着目し伝えましょう。

例えば
『本読む人好きなんだよね』
『帽子かぶっている人なぜか好きなんだよね』

㊾『○○している姿かっこいい』

こちらも使いやすいと思います。

『○○くんの仕事している姿かっこいい』
『いまの照れる姿可愛かった』

㊿『いつも○○には感謝しているよ。ありがとう。』

ありがとうの気持ちは普段からしっかり伝えましょう。

褒めるのがまだ抵抗があるという人は
『ありがとう』をしっかり伝えることから意識しましょう。

さいごに

今回は褒め言葉のレパートリーについてお話しました。

初めにお伝えしましたが
褒めるという行為は自分も相手も幸せにする行為です。

あなたからどんどん褒めていき、幸せを増やしていきましょう。

以上、みくとでした。

-心理学
-

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.