恋愛心理学

【必見】嬉しさ倍増??正しい褒め方、モテる褒め方

更新日:

こんにちはみくとです。

あなたは最近人を褒めましたか??
そして、最近誰かに褒められましたか??


考えてみると、褒めてもいないし、褒められてもいない。

褒めるという行為は、
言った人も言われた人も嬉しいのに意外に褒めている人は少ないのです。

正しく褒めることができたら、それだけでモテます。

今回はただ褒めるだけでなく、
嬉しさが倍増する正しい褒め方についてお話します。


正しい褒め方のポイント

正しい褒め方により、嬉しさが倍増したり、
人と違う感情を抱かせることができます。

何回もいいますが、この褒めるという行動は
非常に人に好かれる上(人間関係において)で大切です。

いきなりですが、問題です。

女性が可愛いワンピースを着てきました。
男性がかっこいいジャケットを着てきました。

あなたはなんてほめますか??

普通なら、
「そのワンピース可愛い!」「似合ってるね!」だと思います。

しかし、もっと嬉しく感じさせることはできます。

それは

【相手自信を褒める】【具体的に】【自己拡大】を意識することです。( ..)φメモメモ

一つ一つ説明していきます。


【正しい褒め方①】相手自信を褒める

誰もが自分に興味があります。

あなただから似合っている、
[あなただから]ということが嬉しさを上げます。

相手の承認欲求も満たされます。

例文

「そのワンピース○○さんにすごい似合っています」
「ワンピース可愛い、○○さん本当にセンスいいなぁ」

相手自信に注目し、
能力、外見、内面を褒めていきましょう。

【正しい褒め方②】具体的に褒める

具体的にいうことでお世辞感も抜け、
他の人との褒め言葉ともかぶらないため、非常に効果的で印象に残ります。

面白かった!
よりも、あの場面のあのシーンが本当に笑えて面白かった。

全然違いますよね。

つまり、
相手のこだわりを見抜き
具体的に褒めることは嬉しさを倍増させるのです。


例文

白いワンピースと○○さんに雰囲気ぴったりで爽やかです」
「そのワンピース、シルエットとか色とかすごいいいと思います!」

こだわり「○○さん、ワンピース沢山持ってるよね、
自分の知ってる中で一番ワンピース似合う!」


(ワンピースにこだわりがある。)

※気を付けることがあります。
「君の目はダイヤモンドみたいに綺麗だね」
などの比喩は直接いうことはやめましょう。
※関節的にいうときは効果的な場合もあり、


【正しい褒め方③】自己拡大を使い褒める

自分でわかっている部分を言われると「自己確認」になります。


「自己拡大」とは、相手自信が気付いていない部分のことです。

その相手自信が気付いていない部分を褒めることによって、
意外性+初めて により嬉しさが倍増します

ワンピースの例ではありませんが、
「立ち姿綺麗ですね」
「○○さんいると安心する雰囲気になれます」
「歩き方綺麗だね」
「あなたの声が好きです。」

など普段誰も言わない所を探し出す、そして褒める方法です。

おまけ:自己拡大で長続き

自己拡大というのはカップルが長続きするうえでも大切なことです。

行ったことのない場所へいく、体験するなど、
初めての体験とは心に残りやすく、思い出になります


この思い出を思い返してもらうことで
「自分のことを考えてもらえます。」

人が長く関係を続けるコツでもあります。

褒めるときの注意点

褒めないよりは、なんでもいいから褒めるとお話しました。

しかし、ある1つだけ意識しないと、
褒める行為が逆効果になります。

それは、
上から目線にならないことです。

これは年上の男性に特に注意してください。

普通、「要領いいですね!」は褒め言葉です。

この褒め言葉を上司にいえますか?
立場が下の物からは失礼になります。

上から目線にならないように褒める。
これだけは意識してください。

相手と自分の立場を逆にしたとき、
言われて失礼ではないか、考えてから褒めましょう。


今日のまとめ

褒めることは非常に大切。褒める習慣を持つ

正しい褒め方

褒めるときは【相手自信を褒める】【具体的に】【自己拡大】を意識

褒めるときの注意点

上から目線にならないように褒める。


普段褒めなれていない人は
どこを褒めればいいかわからない人もいると思います。

普段から人のいいところを
探す練習をしましょう。

一人一人良いところはたくさんあります。
正しい褒め方でたくさん褒めましょう。

以上、みくとでした。

参考文献、より深くしりたい人へ

-恋愛心理学
-, ,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.