恋愛の心理学 コミュニケーション 人間力(メンタル)の心理学 恋愛ができない人へ

【好感度爆上げ!】これだけやっとけばコミュケーション能力上がる心理学5つ

更新日:

こんにちは、みくとです。

コミュニケーション能力って
何をすれば上げるのかって分からないですよね。
ただ、コミュニケーション能力は人間関係とって大切であり、上げられるならば今すぐに上げたいと思います。

今回話す5つのことをしっかり出来ていれば
コミュケーション下手とはなりません。
むしろ話していて心地よい人になることができます。

なぜか印象の良い人がやっていることを余すことなく話していきます。

今日はそんなこれだけやっとけば
コミュケーション能力が上がる心理学5つに話します。

1つ1つやることは簡単なので、是非コミュケーションの際は全て取り入れてみてください。

コミュケーション上手になるための心理学5つ

①名前を呼ぶ、呼ばれる

名前とは相手だけを差し、相手にとって最も響きの良い言葉です。

分かりやすい例を言うと、
好きな人から自分の名前を呼ばれたら
褒め言葉じゃないのにそれだけで嬉しいですよね。

好きな人からい以外から呼ばれた場合も
なんとなく心地よく嬉しい言葉なのです。

嬉しい言葉を毎回言われる相手で好感度が上がらない訳がないですね。

心理学的実験でも、
名前を呼び合わないカップルは5ヶ月後に
86%別れていたというデータもあるくらい
人間関係を構築していく上では名前を呼ぶ、呼ばれることは大切なのです。

初対面の時の場合は最初に「なんて呼べば良いか」聞くと、相手も自分も呼びやすくなりますね。

会話をする上で、この「名前を呼ぶ」ということは必ずした方が良いです。

②会話は相手が主役、基本は聞き役に

人間ははやり自分のことを喋りたい生き物です。

特に着目する会話内容のは、「相手自身の話」です。
話し相手がどんなことにハマっているのか、どんなことを仕事、バイトをしているのか、と相手自身について深掘りし話を聞いてみてください。

相手はあなたのことを「話を聞いてくれる、認めてくれる」と認識しどんどん話したくなってきます。

よくコミュケーション上手とは聞き上手っていいますもんね。

自分が無理に話すことをしなくても
コミュケーション上手になれ好感度も爆上がりしますので、「聞き役に徹する」ことは意識しましょう!

聞くときは相手のことを否定せず、肯定共感をはしてくださいね。

③共通点を見つける

皆さんはどんな人と仲良くなり一緒にいて心地よいでしょうか。

心地よい人を思い返してみればわかると思いますが、それは「自分と似ている人」ですよね。

極端な話ですが、世界各国から100人の人が
集められたとして、そこに日本人がいたらかなりの確率で日本人と仲良くなりますよね。

それは日本人ということが大きな共通点となっており心地が良く好感度が上がるからです。

話を日常のコミュケーションに戻すと、
その共通点の小さいところを探し見つけていくことでどんどん心地よい仲良しになれるのです。

相手のしていることを聞く過程で、
自分と同じこと、同じ考えならば積極的に「自分もそう思う!」と伝えましょう!

共通点は意外と奥が深いんです。
その動画も概要欄に貼っておきますので、興味がある方は是非見てみてくださいね。

【関連記事】【恋愛心理学】共通点をさがし心地よい人になる4つのルール

④1回会うごとに一度褒める

相手に自分を印象付け心地よい人になるにはプラスの方向で感情の起伏を作ることが大切です。

その起伏を簡単に作れるのが、「相手を褒める」ということです。

誰かと会う予定があれば、
一回は何でも良いので褒める習慣をつけましょう。

この褒めるのは、あまりしてる人がおらず
ハードルが高いように思えますが、全くそんなことはありません。

こう考えてみてください。

「良いと思った感想を相手に伝える」これだけなんです。

話しやすかったら、
「話しやすい」

落ち着いた時間を過ごせたのなら、
「〇〇さんの雰囲気落ち着きますね。」

話しただけでも、
「話せて嬉しかったです。ありがとうございます。」

手伝ってもらったら
「改めて今日はありがとう、本当に助かったよ?」

何でもあると思います。会うごとに一回は褒めるこれは好感度を上げ心地よい人になるためには大切です。

⑤会う時と別れる時、に笑顔を意識

笑顔というのは、言語のわからない人同士でも幸せな気持ちにできる世界共通の意思疎通です。

ただ、いつでもどこでもヘラヘラしていたら
舐められてしまう可能性もあるので、ポイントポイントでしっかり笑顔を使いましょう。

人には印象が残りやすい時があります。
それは出会った時と別れる時です。

この二つの時には笑顔を欠かさないようにしてください。

会う時に笑顔だとその日一日、印象の良い人になります。
別れの時笑顔だと次会うまで印象の良い人でいられます。

これだけで十分なほどあなたの印象は良くなり心地の良い人になることができます。

今日のまとめ

【好感度爆上げ!】これだけやっとけばコミュケーション能力上がる心理学5つ

①名前を呼ぶ、呼ばれる
→相手にとっても最も響きの良い言葉は『相手の名前』
②会話は相手が主役、基本は聞き役に
→人はしゃべりたい生き物、聞き役になることで相手は心地の良い気分になれる
③共通点を見つける
→昔からの本能で人は共通点の多い人に仲間意識を持つ
④1回会うごとに一度褒める
→褒められて嬉しい気持ちにならない人はいない
⑤会う時と別れる時、に笑顔を意識
→人は最初と最後が印象に残る。そこに良い印象の自分を残す。

さいごに

以上、これだけやっとけばコミュケーション能力が上がる心理学でした。

この5つのことをするだけで、
かなり心地が良く印象の良い人になれます。

どれも比較的行動しやすい項目だったと思いますので、実践してみてください。

このブログではその他にも恋愛で使える
テクニックをお話していますので、是非覗いてみて下さいね。

以上、みくとでした

LINE VOOM始めました!

LINE VOOM始めました!

時代にのり、LINE VOOMを始めさせていただきました。

ブログの内容同様
恋愛心理学の1分動画を多く出しています。

端的に、科学的根拠のあるものだけを話しています。
おそらく必ず役に立つ知識なので、
↓↓是非、フォローしてね!↓↓

LINE VOOMをフォローする
↑をクリック→投稿→フォローへ
※Twitterフォローする感覚でできます。

-恋愛の心理学, コミュニケーション, 人間力(メンタル)の心理学, 恋愛ができない人へ
-

Copyright© モテるための恋愛心理学大全 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.