コミュニケーション

【心理学】聞き上手になる【5つの鉄則】心地よい人のなり方

更新日:

こんにちは、みくとです。

人間は自分のこと自分の好きなことを
話すのが好きな生き物です。

【相手に気持ちよくしゃべってもらう】には
自分は聞き役になります。


つまり、

会話上手とは聞き上手なのです。

今回は聞き上手になるための心構えや聞き方を
5つの鉄則にわけて、心理学の観点からもお話します。

あなたも、
しゃべっていると心地よい人になりましょう。

【聞き上手の鉄則1】 相手に気持ちよくしゃべってもらう

聞き上手になる上での心構えをお話します。

冒頭でもお話した通り、

【相手に気持ちよくしゃべってもらう】ことが大切です。


あなたはしゃべっていて楽しいと
思えるときはどんなときですか?

この思いついたことを自分もやればいいのです。

  • 笑顔・・・世界共通言語
  • 体を向ける・・・あなたに関心がありますと伝える
  • 反応が良い、大きい・・・もっと話したくなる、
  • ポジティブ・・・明るい気持ちになれる
  • 言葉遣いが綺麗・・・言葉遣いが綺麗でないとトゲを感じる
  • 話がわかりやすい・・・相手が考えなくてよく心地よい
  • 自分から話しかける・・・相手も話しかけやすくなる。

このへんは基本として常に心掛けることです。
※心理学の観点からもポジティブ、笑顔などは数えきれないほど好感度が高くなるという実証データもあります。

会話の主役は相手であり、
相手もっと知りたいという気持ちが大切です。

【聞き上手の鉄則2】 感情の入った言葉を拾う

相手が話したいのは、自分が感じたことです。

楽しかった、嬉しかった、
こんなことがあった(驚いた)などの
感情を見逃さずに拾い深掘りしていきましょう。

感情にフォーカスして聞いていけば、
何かまた会った時、あの人なら聞いてくれると思われる人になれます。

【聞き上手の鉄則3】 相手を共感、肯定する。

共通点が増えると好意度が増すと
人間心理学でも証明されています。(類似の法則)


相手の気持ち(感情)を汲み取り、
共感したということを伝えましょう。

もし、共感できないこと、
自分の考えと合わないことがあっても
相手を否定してはいけません。
会話は楽しむものです。

話題を変えたりし、肯定するということを意識しましょう。

【聞き上手の鉄則4】 質問で相手のエピソードを引き出す。

聞き上手ということは質問上手でもあります。

どこいったの?いつ?だれと?

という質問ばかりだと、一問一答になりいまいち盛り上がりません。

相手の感情を引き出し、
エピソードを話してもらうことが大切なのです。

相手が体験した話には、ストーリーがあります。
そこに先ほどお話した感情も強くでてきます。

そのストーリーに一緒に笑い、驚き、共感していけば、
話していて、心地よい人になれます。

オチを見逃さずしっかり笑うことも大切です。

【聞き上手の鉄則5】 相手をほめる

何度もいいますが、
【相手に気持ちよく話してもらう】ことが大切です。

誰だって褒められると嬉しいですよね、

相手の話しから感じたことを素直にいいましょう。
(プラスの感情をいいましょう笑)

褒め方はこちらで詳しく書いています。
おすすめの記事なのでよしければどうぞ、

嬉しさ倍増??正しい褒め方、モテる褒め方#6

褒められない人へ、モテるための褒め方#7

今日のまとめ

聞き上手の鉄則1 【相手に気持ちよくしゃべってもらう】

聞き上手の鉄則2  感情の入った言葉を拾う

聞き上手の鉄則3  相手を共感、肯定する。

聞き上手の鉄則4  質問で相手のエピソードを引き出す。

聞き上手の鉄則5  相手をほめる

さいごに

同じ体験、自分の好きなものについては話したくなるものです。

相手の話を遮らず、聞き終わってから話すことも、
相手に気持ちよくしゃべってもらうために大切です。

この鉄則を守っていけば、
あなたも心地よい話したい人になれます。

以上、みくとでした。

-コミュニケーション
-,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.