恋愛心理学

【恋愛心理学】恋が叶う、印象の残し方~良い印象作り~

更新日:

こんにちは、みくとです、

あなたが好意的に感じる人はどんな人ですか?

思い返してみると、笑顔が印象的だったり、
親切な人だったりすると思います。

あなたが思う笑顔の印象的な人を思い浮かべてみてください。

笑顔な人はたくさんいます。

しかし、なぜあなたはその人を今、思い浮かべたのでしょう?
印象に残っているのでしょう?

それは




印象にのこるポイントにしっかり笑顔だからです。

その日の第一印象、言葉を言い終わった後、
去り際と印象が強く残る部分でしっかり笑顔だからです。


【心理学】印象が残る場面は別れ際

ピーク・エンドの法則という人間心理学があります。
この心理学は終わり(別れ際)は印象が強くのこるというものになります。

相手にとって
最新の自分は、当たり前ですが、その日の帰るときの別れ際です。

ここが印象に残りやすいときなのです。

つまり、何が言いたいかと言うと
その日の最後に楽しく過ごせば、楽しい印象が強く残るのです。

終わりよければすべてよし ってことです。

ではどうすればよい印象を残せるかをお話ししていきます。

別れ際に良い印象を残す方法

【心理学】恋愛の原理

まず初めに人が恋に落ちる原理を心理学観点からお話します。

ポイントは2つあります。
①相手に自分のことをいかに考えさせるか
②いかに相手の感情を揺さぶることができるか です。

※詳しくは一番したに記事を張っておきますので、
 そちらをご覧くださいませ。

この2点を前提にお話ししていきます。

【良い印象の残し方①】
その日、盛り上がったシーンを話す

その日あなたと自分が
一番盛り上がったシーンを別れ際のぎりぎりに話します。

楽しい、嬉しいといった感情を
簡単に相手に感じさせることができます。

良い感情の時、あなたと別れることができたとき
次会うときまであなたは良い印象のままいられることができます。

この印象の残し方は簡単にできるとおもいますので、つかってみましょう。

【良い印象の残し方②】
別れ際に感謝の気持ちを伝える


今日、自分と相手の間にあった出来事に感謝することです。
これは誰でも使える方法だと思います。

例えば、

話しただけだったら、
今日はお話ありがとうございます。いろいろ聞けて楽しかったです。」

何かやってもらったら
「今日は○○してくれてありがとうございます。助かりました。」

この感謝をあなたは笑顔で言うだけで
かなり印象の良い人になれます。
※心理学、好意の返報性の原理

【良い印象の残し方③】
相手のことを褒める

先ほどお話ししたように
人が恋に落ちるときには感情の振れ幅が大切です。

誰だって褒められると嬉しい気持ちになれます。

褒めるという行為はあなたの思っている
好意(関心)を簡単に伝えることができます。

何が言いたいかというと
褒めるというのは相手の心を揺さぶりやすいのです。

ここでポイントがあります。
褒める際は外見ではなく、内面を褒めましょう。
※外見は仲良くなってからのほうが効果的(心理学的実験で実証済み)

『○○さん、話しやすい』
『○○さん、しっかりもので頼もしい』
『○○さんといると落ち着く』

あなたが相手のことを気になっているのならば
褒めるところなんていくらでもあると思います。

それを言葉にして伝えることが大切です。

【良い印象の残し方④】
ちょっとしたプレゼントをあげる

こちらは恋愛の原理の
【相手に自分のことを考えてもらう】
【相手の感情を揺さぶる】
の2つを網羅できます。

いきなりあげるのは難しいと思わず、
思い切って相手にあげてみましょう。

『これ、好きっていってたから』
『たまたま多く買っちゃって』
等と理由があれば人は納得します。
※心理学、カチッ・サー

重くなりすぎないよう、
ちょっとしたプレゼントにするところがポイントです。

【心理学】自分をいつまでも気にさせる方法

【相手に自分のことを考えてもらう】上で大切なことは、
自分がいないときも自分のことを考えてもらうことです。

そこで使えるのがザイガルニック効果という人間心理学です。
これは人は終わったことよりも
途中のことをよく覚えていたり、気にしてしまうという効果があります。


アニメの To Be continued や 週刊連載の漫画、 
やり残した仕事、鍵の閉め忘れたかどうか、
など気になってしまいますよね。

この心理学良い印象を残すためにいかすことができます。

最大限に印象を残る方法

このピーク・エンドの法則とゼイガルニック効果は
組み合わせることができます。


まとめると、

【最後に楽しい思い出を作り、途中で終わらせる】ことが最高の印象の作り方なのです。

 

 

具体的な行動に移し説明すると、

『電車の場合』
相手の楽しいと思える話題を
相手の降りる2,3駅前で話し始めます。

話が盛り上がったところで、話を完結させずに帰る。

そうすることによって、

楽しいことが途中で終わってしまい、
気になって気になってしょうがなくなるのです。

つまり、
あなたのことをたくさん考える時間ができるのです。

第一印象が大切なようにその日、最後の印象も非常に大切です。

お別れの挨拶のバイバイも笑顔でいうだけで印象が変わってきます。

今日のまとめ

ピーク・エンドの法則・・・別れ際が印象に残る【別れ際の印象をよくする】

ゼイガルニック効果・・・途中のことは気になる【楽しいことを途中でやめる】

好意の返報性の原理・・・受け取った好意は好意で返したくなる【相手を褒める、プレゼントをする】

カチッ・サー・・・人間は決まったパターンに無意識に反応する(理由→納得)

ゼイガルニックは使えるときに使う。
ピーク・エンドの法則は普段から意識して使っていきましょう。

さいごに

その日、別れるときが、
相手にとっては、最後に会った自分です。
(当たり前ですが)


つまり、一番新しい情報(記憶)なのです。

新しい記憶が楽しいと思えたならば、
次会う時まで楽しい気持ちは続きます。

この別れ際に印象を残せれば、
圧倒的な他の人との差別化になります。

知識は学んだだけでは意味がありません。

ではさっそく、自分の理想の別れ方を考えましょう!

今日はここまで、みくとでした。

参考文献、、より深く知りたい人へ

-恋愛心理学
-, , ,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.