恋愛心理学

【恋愛心理学】ライン術、心理学を使ったモテる恋愛テクニック~好感度を上げる~

更新日:

こんにちわ、みくとです。

連絡(ライン)はマメな人がモテるといいますよね。

これは半分、嘘です。

マメな人が良いではなく、
『好きな人が、マメの場合』のみ良いと思うのです。

何が言いたいかというと、

仲の良さでラインの仕方を変えることが必要なのです。

今回はラインでの会話を恋愛心理学を使ってに考えてみました。

【ライン心理学】あなたと好きな人の関係は?

まずは【あなたと相手の関係】を考えなければなりません。

知り合ったばかりなのか、ある程度話したことがあるのか、

簡単に分けるとこうなります。

  1. 興味なし
  2. まだわからない
  3. 仲が良い or 気になっている

知り合ったばかりやある程度話したぐらいだと
2.まだわからないと判断します。

この考え方を前提にお話していきます。

【ライン術①】興味なし段階、ライン術

はっきりいいます、

この段階でラインで仲良くなろうとしないでください。


ここでは、業務連絡だけを意識してください。

LINEで魅力アピールやかけひきは不要です。


実際に会った時に、自分の魅了をアピールしましょう。

実際にあってからや、心理学を使ったラインでの
デートの誘い方はこちらで紹介しています。
成功するデートの誘い方を心理学で考えてみた。【7選】

【ライン術②】まだわからない段階、ライン術

この段階では、知り合ったばかりや、
あまり話したことがないことが多いと思います。

正直この段階でも、
ラインで好きにさせるということは考えないでください。

仲良くなり、会う  これを意識しましょう。

(※基本は会って話すことで仲良くなりましょう。


LINEの目的としては、共感や感情の共有です。

【心理学】ラインで好感度を上げるテクニック

【好感度を上げる①】共通点を探す。

人は似ている人に好意を抱くという人間心理があります。
(類似性の法則)

知り合ったばかりなどには
共通点を探していくと早く仲良くなれます。

共通点の一致により、
デートなども誘いやすくなります。

【好感度を上げる②】感情の入った言葉をメモ、覚えとく、

会話の中の感情というのは、
相手が共感してもらいたい、話したいことの核です。

この感情の入った会話を覚えておき、
実際会った時に話題にだすと好感度が上がります。

簡単に説明すると、
相手ライン「ディズニー行って、楽しかった!」
後日自分「ディズニーまた新しい乗り物でるらしいよ!」

相手の興味あることで、話も盛り上がります。

以前、言ってたことを覚えてくれている嬉しいですよね、

【好感度を上げる③】ラインで暖かい印象を残す。

ラインが冷たいのが有効のときもありますが、

この段階ではマイナスでしかありません

男性ならば、一言にしない、!を使う、
女性の場合、所々でスタンプや絵文字を使えば大丈夫です。


ポイントは、返信ペース、文字の分量を合わせることです。
※ペーシング(心理学)

相手によっては
多すぎても、重い人、少なすぎても、冷たい人となります。

相手のペースや分量を合わせ、会話していて心地よい人になりましょう。


【ライン術③】仲が良い、気になっている段階

この段階では【相手に自分のことを考えてもらう】ことを意識します。

考えてもらうことで大切なことは
『不安と心配』という気持ちです。

あなたもラインを送った後、
へんなこと送ちゃったかな、無視されているのかなと思ったことはあると思います。

それが、好きな人に好かれるため必要なのです。

科学的(心理学)にも不安や心配でフェニルチアルアミンという
恋愛ホルモンが分泌されることがわかっています。

つまり、かけひきで自分のことを考えてもらうのです。

この駆け引きを心理学を使い様々なテクニックを教えます。

ライン恋愛テクニック① ピーク・エンドの法則

これは最後の印象が強く残るという人間心理学です。

この人間心理を使い、ラインの会話が
盛り上がったところで会話のやめるのです。

それにより、あなたとのラインが
楽しいという印象で終えることができます。

興味のあるなし、盛り上がったかは、
相手の文の長さと絵文字の量をみて判断しましょう。

いつもより、長文、絵文字、!(びっくり)が
多い場合、盛り上がったと判断していいでしょう。

ライン恋愛テクニック② ゼイガルニック効果

これは途中のものは気になるという人間心理です。

漫画の連載や、終わっていない課題、仕事、って気になりますよね。


具体的な使い方としては、

返信を遅らせるのです。

そうすることによって冒頭でお話した。
『不安と心配』という気持ちを抱かせることができます。

無視されているのかな、お風呂かな、部活かな?
など相手は、あなたのことを考えてしまいます。

ここにはポイントが2つあります。

①基本は相手の返信ペースに合わせるのですが、
相手の返してほしい内容のときに、返さないことです。

②何を返していいかわからないときに一回寝かすことです。
相手はラインを見返し、返しにくいことおくっちゃったのかなと思うためです。

既読無視もこの心理が働いています。

既読無視は、気になっているときにしか
効果は期待しない方が良いです。

今日のまとめ、

ラインは段階によって会話の仕方を変える。

【ライン術①】興味なし段階
仲良くしようとせず業務連絡のみ、
実際に会って仲良くなる。


【ライン術②】まだわからない段階
好きにさせようとしない。
心地よい人になり、仲良くなる。


【ライン術③】仲良い、気になっている段階
ラインでは【相手に自分のことを考えてもらうこと】を意識。
恋愛心理学、ピーク・エンド法やゼイガルニック効果を使う。

さいごに

今回はモテるライン術を恋愛詩理学を使ってお話しました。

ラインとは、顔が見えないでの感情が読みにくく、
考えすぎてしまうこともあります。

順序やテクニックを守り、
あまり考えすぎずに返しましょう。

『どうなってもいいや』という気持ちを持つことも、
大胆になれるのでいいかもしれません。

あなたが好きな人に好かれるように私は願っています。

以上、みくとでした。

-恋愛心理学
-,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.