コミュニケーション 人間力

【人間性】あなたは挨拶で損している?挨拶で人間関係を変える

更新日:


こんにちは、みくとです。

あなたは毎日、損していることがあります。

それは、
日頃誰もがする挨拶で、損をしています。

私が生活してきて、しっかりできている人は少なく感じます。


挨拶で人生や人間関係は良い方向に変えられます。
そう言えるほど挨拶は大切なものと考えています。

その日の第一印象とその日の別れ
非常に印象に残る大切なときなのです。
(人間心理学)
※ファーストインプレッション:最初の印象が強く残る
※ピーク・エンドの法則:最後の印象が強く残る

そのときに笑顔で挨拶をする瞬間をつけるだけで
あなたも印象の良い人、また会いたい人になれます。
人間性をあげることができるのです。

【人間性】挨拶をする上で心掛けること



挨拶とは、人と人があったら行う礼儀です

その礼儀によりその日気持ちよく過ごすことができます。

そこでまず心掛けることは、
【自分はあなたのことに関心があります】

という気持ちを示すことです。

人は誰しも自分に関心の持っている人を好意的にみます。

それを毎日する挨拶で伝えていきます。

あなたに興味を伝える挨拶の仕方

【好意を伝える挨拶①】声の大きさ、トーンはしゃべるときより少し大きめに

基本的なことになりますが
かなり大事なことになります。

小さい声でボソボソだと印象が悪いです。
明るくおはようと言われたら気分いいですよね。

挨拶はトーンをあげ普通に話すよりすこし大きめにしていきましょう。


【好意を伝える挨拶②】相手の方向に体を向ける

顔だけでなく、体全体を向けましょう。

顔も見て、挨拶をする。
たったこれだけであなたの人間関係はよくなっていきます。

デコルテ(首元)は第二の顔ともいわれています。
デコルテがしっかり相手のほうを向くよう心がけましょう。


【好意を伝える挨拶③】動作を止めてから挨拶

作業しながら挨拶だと、
相手より作業のほうが重要  という認識になってしまいます。

作業を止めて相手の方向を向きましょう。

わざわざ作業を止めてくれたということも
好意や興味を伝えるうえでは効果的です。

【好意を伝える挨拶④】一番大事なのは「笑顔」

説明するまでもないと思います。

笑顔をは魅力を上げ好意を伝える、世界共通のものです。

普段からとびっきりの笑顔を意識し心掛けましょう。


大切なことの一つとしては
相手のためにひと手間かけることです。

わざわざ向いてくれた。わざわざ作業を止めてくれた。わざわざ・・・

小さい気遣いをしていきましょう!

他の人と差を付けるテクニック

私が普段やっていることをお話します。

ひと手間ですが、効果は絶大です。

相手の名前+挨拶

自分の名前とは、最も心地よい言葉であり、
呼ばれると承認欲求が満たされます。

つまり、
名前は呼ばれるというのは誰しもが嬉しいのです。

名前を呼ぶ(嬉しくなる)+挨拶
→あなたと会うと嬉しい気持ちになれるとなります。



普段、名前+挨拶をしている人はほとんど見かけません。

人と違うことをやる点でも差別化できています。

今日のお礼+挨拶  もかなり印象がいいです。

相手の作業が終わるまで待つ

電話中、集中する作業中、お話し中、のとき、
小さな声でお疲れ様です。といい帰る人が多いと思います。

そこで、時間があるなら相手の作業が終わるまで待ちましょう。

何回もしていくうちに相手も気遣いに気づき、
印象がかなりよくなります。

簡単なことですが、これだけで印象よくなり
人間関係も良い方向へ向かいます。

今日のまとめ

まず心掛けることは

【自分はあなたのことに関心があります】ということ。

【人間性】気持ちが伝わる挨拶の仕方

  1. 声の大きさ、トーンはしゃべるときより少し大きめに、
  2. 相手の方向に体全体を向ける、
  3. 動作を止めてから挨拶、
  4. 一番大事なのは「笑顔」



さらに印象アップの挨拶

・相手の名前+挨拶

名前を呼ぶことで承認欲求を刺激できる。

・相手の作業が終わるのを待つ

毎日やっていれば、相手は気付いてくれる、
一気に礼儀正しく、関心を向けてくれると伝わる。

最後に、

挨拶は積み重ねでもあります。
その日その日によって浮き沈みがあるではなく、

毎日、いい挨拶を心掛け、
また会いたいと思える人になりましょう。

会うだけで楽しい気持ち、
笑顔になれるって素晴らしいことです。

毎日の幸せも増えます。

以上、みくとでした。

-コミュニケーション, 人間力
-,

Copyright© みくと心理学【恋愛】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.